包茎で困ること

包茎は男性の悩みであり、それを改善しようとする人もいます。包茎をそのまま放置してしまうと、困る事が色々あるので、出来るだけ早めに医師に相談する事をお勧めします。しかし、包茎にも色々と段階があり、放置しても問題ないのか、問題なのか判断できない方もいます。

包茎には真性包茎と仮性包茎があます。真性包茎は、陰茎が全て包皮におおわれている状態を言いますが、仮性包茎は勃起時のみ亀頭が包皮から出てくる状態です。どちらも包茎になりますが、真性包茎の場合、色々なデメリットがあるので、早めに医師の診断を受ける必要があります。

真性包茎で困る事は、平常時でも勃起時でも、亀頭が包皮から出てこないので、包皮の中に尿や汚れ等が残ります。そのため、それらの残留物の臭いがするので、悪臭となります。また、無理に包皮を剥がそうとすると激痛になるので、いつまでも包皮を被ったままになります。

真性包茎は、色々な病気に掛かる原因になります。代表的な病気では、尿路感染症や亀頭包皮炎などがありますが、そのほかにも性病に感染しやすい傾向にありますので、真性包茎の場合は、早急に手術などを受け、対処しておいた方が無難です。また、その状態で性行為を行うと、性病を相手に移してしまう事になるので、出来るだけ避けるようにしましょう。

包茎の場合は、包皮の中で雑菌が繁殖しやすい状態を作っているので、性病に掛かりやすいので、出来るだけ清潔に保つ必要がありますので注意しましょう。