No image

早漏

早漏の原因として包茎という説があります。早漏は過敏性早漏と呼ばれており、その原因は包茎が原因とされています。包茎の状態も、正常なペニスの形状に近い仮性包茎なら問題ありませんが、真性包茎や真性包茎に近い様な仮性包茎の場合、早漏を招いてしまう原因となります。

包茎の状態も、自分で包皮を剥いて洗浄できない様であれば包茎手術を受けて改善するほうが良いです。また、包皮を剥く事は可能であっても、その都度激痛をともなってしまう場合でも包茎手術を受ける必要があります。

手で簡単に包皮を剥くことが出来ても、仮性包茎の場合は早漏になりやすいので対策が必要になります。仮性包茎での早漏原因は、性行為の時に、包皮が亀頭とこすれるので、刺激が強くなり、射精が早くなってしまう事にあります。

包皮がこすれると、どうしても亀頭に与える刺激が強くなってしまうのです。そのため、女性が昇天する前に射精してしまうので、勃起が続かなくなるので、性行為もそこで終了となってしまいます。

女性も中途半端で終わってしまうので、仮性包茎による早漏だと不満となり、嫌われてしまう原因となります。そうならないためには、しっかりと対策し、早漏改善を行う必要があるので、専門医に相談してみましょう。

No image

女性に嫌われる

女性は包茎の男性をあまり好みません。そういった事を書いている雑誌などが多くありますが、実際には包茎男子を嫌っている訳でもないのです。実際に嫌っているのは臭いだという口コミもあります。

女性の多くは、包茎を嫌がっているという事ではなく、包茎が発する臭いを嫌がっている場合が多いです。ズルむけの陰茎の方が安心して性行為が出来ますが、見た目で包茎は嫌いではないと答える女性もいます。

女性が嫌いなのは臭いですが、その匂いは包皮の内側に溜まった恥垢が原因です。垢なので、ヌルヌルしますし、やはり雑菌だらけの陰茎と性行為をするのは抵抗があります。そのため、女性は包茎が嫌いという印象になっていくのです。

仮性包茎でも真性包茎でも、におわなければ問題ないという訳ではありません。包茎の場合、しっかりと処置してから性行為を行う事をお勧めします。また、仮性包茎では、入浴時に包皮を剥き、しっかりと陰茎を洗う事が必要になります。

入浴時に亀頭や包皮をしっかりと洗う事で、性病などに掛かるリスクを軽減出来、予防する事が出来ますので、清潔に保っておきましょう。女性もにおわなければそれほど抵抗感を持つという事はありませんし、性行為も安心して行う事が出来ます。

No image

病気のリスク

包茎は、色々な病気に掛かるリスクがあると知られており、包茎の場合、手術を受ける事を考えている方が多いです。しかし、実際にどの様な病気に掛かりやすいのか知っている方は意外と少ないのです。包茎の方でも普段あまり意識していないのですが、注意しなければいけない病気も沢山あります。

包茎や仮性包茎の方で一番掛かりやすいのが亀頭包皮炎です。この病気は、真性包茎の方だけではなく、仮性包茎の方もなりやすい病気です。また、大人だけではなく、子供もかかりやすい病気になっているので注意しましょう。

炎症は、亀頭と包皮に起こるので亀頭包皮炎となっています。原因は雑菌が繁殖する事による炎症になるので、清潔にしていればそれほどひどくはなりませんが、亀頭と包皮が癒着していると、症状が酷くなり、激痛になる可能性もあります。また、膿が出てくる場合もあるので、早急な治療が必要になります。

対処は清潔を保つ事なので、入浴時にはしっかりと包皮を剥き、陰茎を洗うようにしましょう。そのほかにも包茎が原因で色々な病気に掛かってしまう事があります。多くの方は、包茎手術の必要性はありませんが、この様な炎症を頻繁に起こす場合、早急に包茎手術を受ける事をお勧めします。

No image

包茎で困ること

包茎は男性の悩みであり、それを改善しようとする人もいます。包茎をそのまま放置してしまうと、困る事が色々あるので、出来るだけ早めに医師に相談する事をお勧めします。しかし、包茎にも色々と段階があり、放置しても問題ないのか、問題なのか判断できない方もいます。

包茎には真性包茎と仮性包茎があます。真性包茎は、陰茎が全て包皮におおわれている状態を言いますが、仮性包茎は勃起時のみ亀頭が包皮から出てくる状態です。どちらも包茎になりますが、真性包茎の場合、色々なデメリットがあるので、早めに医師の診断を受ける必要があります。

真性包茎で困る事は、平常時でも勃起時でも、亀頭が包皮から出てこないので、包皮の中に尿や汚れ等が残ります。そのため、それらの残留物の臭いがするので、悪臭となります。また、無理に包皮を剥がそうとすると激痛になるので、いつまでも包皮を被ったままになります。

真性包茎は、色々な病気に掛かる原因になります。代表的な病気では、尿路感染症や亀頭包皮炎などがありますが、そのほかにも性病に感染しやすい傾向にありますので、真性包茎の場合は、早急に手術などを受け、対処しておいた方が無難です。また、その状態で性行為を行うと、性病を相手に移してしまう事になるので、出来るだけ避けるようにしましょう。

包茎の場合は、包皮の中で雑菌が繁殖しやすい状態を作っているので、性病に掛かりやすいので、出来るだけ清潔に保つ必要がありますので注意しましょう。