病気のリスク

包茎は、色々な病気に掛かるリスクがあると知られており、包茎の場合、手術を受ける事を考えている方が多いです。しかし、実際にどの様な病気に掛かりやすいのか知っている方は意外と少ないのです。包茎の方でも普段あまり意識していないのですが、注意しなければいけない病気も沢山あります。

包茎や仮性包茎の方で一番掛かりやすいのが亀頭包皮炎です。この病気は、真性包茎の方だけではなく、仮性包茎の方もなりやすい病気です。また、大人だけではなく、子供もかかりやすい病気になっているので注意しましょう。

炎症は、亀頭と包皮に起こるので亀頭包皮炎となっています。原因は雑菌が繁殖する事による炎症になるので、清潔にしていればそれほどひどくはなりませんが、亀頭と包皮が癒着していると、症状が酷くなり、激痛になる可能性もあります。また、膿が出てくる場合もあるので、早急な治療が必要になります。

対処は清潔を保つ事なので、入浴時にはしっかりと包皮を剥き、陰茎を洗うようにしましょう。そのほかにも包茎が原因で色々な病気に掛かってしまう事があります。多くの方は、包茎手術の必要性はありませんが、この様な炎症を頻繁に起こす場合、早急に包茎手術を受ける事をお勧めします。